青汁とは? 青汁の歴史

青汁の歴史は意外と古く、平安時代にまでさかのぼります。
平安時代に、数種類の植物の葉を利用して作られた汁が起源だとされており、ケールを原料とする青汁は近年になって生産されるようになりました。。
栄養価の高い「ケール」は、日本ではまだまだ馴染みが薄いのですが、戦中戦後の食糧難の栄養不足を補うために「ケール」を使った青汁を飲み始めました。
これが、現在の緑黄色野菜を絞った青汁の原型となり、折からの健康ブームに乗り、青汁の一大ブームをまきおこしました。

 

 

青汁の原材料としては、
(1)ケール
(2)大麦若葉
(3)明日葉
(4)桑の葉
(5)熊笹
等が使われています。

 

又、飲みやすくするために蜂蜜等が加えられたり、健康を増進するための栄養素が加えられたりしています。

 

 

現在色々なタイプの青汁が作られています。
(1)そのまますぐに飲めるドリンクタイプの青汁
(2)原料の緑黄色野菜を乾燥させた粉を水などに溶かすタイプの青汁
(3)急速冷凍したタイプの青汁
(4)錠剤タイプの青汁
(5)フリーズドライタイプの青汁
などが有ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴