青汁の材料はなんですか

青汁の材料はなんですか?|緑黄色野菜

青汁の材料はなんですか?

 

緑黄色野菜を搾った汁がが、青汁です。

 

青汁の材料となる緑黄色野菜は、
(1)ケール
(2)大麦若葉
(3)明日葉
(4)桑の葉
(5)熊笹
等。

 

上記の材料を単品で商品化にした青汁や、それらを組み合わせて商品化にした青汁等があります。
又、若い人からお年寄りの方まで幅広い世代の方々が飲みやすいように、甘味料そのほかの野菜果実の成分を含めて商品化された青汁等が販売されています。

 

 

「ケール」や「明日葉」、「クマザサ」、「ほうれん草」など他にもさまざまな緑色野菜を配合した青汁があります。

 

 

大麦若葉

大麦はビールや麦茶の原料となるイネ科の植物ですが、その若葉を青汁に使用して青汁を作っています。
大麦若葉は豊富なビタミン、ミネラルをはじめ、抗酸化フラボノイドやクロロフィルなど、多くの有用成分を含んでいます
大麦若葉の栄養素や有用成分は、私たち人間が消化吸収することのできない硬い繊維質の中に存在し、若葉自体もそのままではとても食べられるものではありません。この類い稀な健康パワーを生かすためには青汁として搾り出し、繊維質を取り除くことが必要でした。
ギュッと搾った青汁にすることによって、大麦若葉のビタミン、ミネラルはもちろん、抗酸化フラボノイドをはじめとする有用成分が、私たちのからだに消化吸収されるようになったのです。

 

大麦若葉の青汁の特徴
(1)食物繊維が豊富なので、お通じの改善や生活習慣病の予防に効果が期待できます。
(2)大麦若葉の良い所は、飲みやすいという点です。
大麦若葉の青汁を飲んで、青汁のイメージが変わったという人も多くいます。
味にくせがなく、ケールのような独特の香りもなくむしろさわやかな味わいがあります。
(3)大麦若葉には、SOD酵素が含まれ強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

青汁の歴史
青汁の歴史を紐解きます。
青汁とは
青汁の効果、野菜不足解消、美味しい、健康に良い|乳酸菌入り、送料無料
青汁の効果
青汁の効果