青汁の効果

青汁の効果

(1)食物繊維が豊富なので、お通じの改善や生活習慣病の予防に効果が期待できます。
(2)カルシウム
カルシウムっを非常に多く含んでいるので、カルシウム不足を補う。
(3)βカロテン
抗酸化作用があり、美肌効果や粘膜を健康に保ち、白内障予防や、視力の維持に関与しています。
(4)ルテイン
有害な光から目を守る働きがあり、紫外線や、PCのブルーライトなどから目を守るはたらきがあります。
(5)メラトニン
不眠症の予防効果があります。

野菜不足に青汁は効果があるのでしょうか?

野菜不足に青汁は効果があるのでしょうか?

 

最近は、日本人の食生活やライフスタイルが変化し、肉を食べる量が増え、野菜を食べる量が減ってきています。
いわゆる食の欧米化が進んでいます。
特に若い人達は、好んでファーストフードやレトルト食品を食べるようになり、栄養が偏りがちになり、特に野菜不足が深刻化しています。

 

日本では、一日当たりの野菜摂取目標量を350グラムと設定していますが、
一日の平均摂取量は、約280グラム、20歳台の女性は220グラムしか摂取していないそうです。
青汁は、食事だけでは目標摂取量に届かない野菜不足を補えると、今注目されている健康食品です。

 

野菜には、緑黄色野菜と淡色野菜があり、それぞれ栄養価が違います。
青汁は緑黄色野菜を原料としているので、淡色野菜の栄養素をカバーする必要があります。
野菜不足を補うためには、バランスのよい野菜を中心に毎日の食事をきちんと取り、青汁は足りない栄養素を補うイメージで飲むようにするのが理想的です。

 

 

 

 

原料は飲む目的や効果に合ったものを
青汁の原料として主に使われているのが、「ケール」「明日葉」「大麦若葉」「よもぎ」の4種類です。
それぞれ期待できる効果が異なりますので、目的に合った原材料かチェックしていきましょう。

 

 

大麦若葉:ストレス対策やダイエットに最適。飲みやすい味も魅力
いつまでも若々しくいたい方、生活習慣病予防をしたい方は、大麦若葉をチェックしましょう。リラックス効果があるとされる「GABA」が豊富に含まれているので、ストレス対策にも向きます。
味のクセが控え目なため、比較的飲みやすい商品が多いのもポイント。最近ではケールよりもポピュラーな存在となっています。
大麦若葉には「GABA」のほかに、「SOD酵素」や「βグルカン」も豊富に含まれています。SOD酵素は活性酸素の除去に役立ち、βグルカンには食後の血糖値の上昇を抑制したり、満腹感を維持したりする作用があります。

 

 

明日葉:生活習慣病や花粉症の予防に。大豆と一緒に摂取するのが◎
高血圧・高脂血症・コレステロール値が高い・肥満が気になる・生活習慣病予防をしたい方は、明日葉入りの青汁を選んでみましょう。さらに、花粉症の予防をしたい・アレルギーの炎症をさえたい・むくみやすい・お酒をよく飲む方にも最適です。
やや苦みはあるものの、青汁特有の味が控えめなのもポイント。飲みやすさを重視する方におすすめです。
明日葉には「カルコン」「クマリン」「ルテオイン」等のフィトケミカルが豊富に含まれています。通常の身体機能維持には必要とされていないフィトケミカルですが、健康効果が期待されると研究が進められている、今注目の物質なんです。
そして明日葉の青汁を飲むときには、ぜひ豆乳と混ぜて飲んだり、大豆製品を一緒に食べたりしてみてください!大豆イソフラボンとの相乗効果で、明日葉のよさをさらに引き出してくれますよ。

 

 

よもぎ:女性必見。食物繊維・鉄分・葉酸が特に豊富
便秘を解消したい方は、ほかの原材料に比べて「食物繊維」が豊富に含まれている、よもぎに着目してみましょう。
食物繊維のほかに「鉄分」「葉酸」の含有量も多くなっていますので、妊活中の女性など女性全般にもぜひ選んでもらいたい原材料です。
葉緑素とも呼ばれる「クロロフィル」も多く、解毒作用や細胞活性、コレステロールの吸着効果も期待できます。アンチエイジングや、美容効果を得たい方もよもぎ入りの青汁を選んでみるといいですよ。

関連ページ

青汁の歴史
青汁の歴史を紐解きます。
青汁とは
青汁の効果、野菜不足解消、美味しい、健康に良い|乳酸菌入り、送料無料
青汁の材料はなんですか?
青汁の材料はなんですか?