ケールの特徴とケールで作られた青汁の効果

「ケール」は、緑黄色野菜の王様

緑黄色野菜の王様の「ケール」
豊富な栄養が、バランスよく含まれており、スーパーフードと呼ばれる「ケール」

 

最近、美容野菜として女性を中心に注目されています。
しかし、それ以上に眼精疲労に効果的な、ルティンβカロテンも豊富に含まれている、優れものです。

ケールの特徴とケールで作られた青汁の効果

「ケール」に含まれている栄養素は、非常に豊富です。「ケール」で作られた青汁を飲む事によって、健康上の色々な効果が期待できます。
「ケール」で作られた青汁は、「青汁の王様」

 

皆さんに真っ先にお勧めしたいのが、「ケール」で作られた青汁です。

 

「ケール」に含まれている栄養素

 

(1)食物繊維---便通の改善
  便通を改善し、腸内環境を整えてくれる役割を持ちます。
  「ケール」には、豊富な食物繊維が含まれています。

 

(2)カルシウムビタミンK---骨の健康維持
  カルシウムは、骨の主要成分です。
  リンやマグネシウムとともに、骨や歯の健康維持に関わっている重要な栄養素です。
  カルシウムを豊富に含んだ食品は牛乳ですが、牛乳コップ1杯(200cc)あたりの
  カルシウムは、220mgです。
  「ケール」には、100g当たり220mgのカルシウムが含まれています。
  牛乳の2倍のカルシウム量です。
  カルシウムは、意識して摂取しないと不足しやすい栄養素。
  「ケール」の青汁を牛乳で割って飲むとじゅうぶんな量のカルシウムを
  摂取できます。
  骨にカルシウムがとどまるのを助けるビタミンKも豊富に含まれています。

 

(3)葉酸:貧血対策
  我々の体内では、毎日赤血球は生成されています。
  葉酸は、ビタミンB12とともに赤血球を作り出すのに欠かせない補酵素です。
  葉酸によって赤血球が生成されないと、巨赤芽球性貧血という貧血の症状を
  起こすことがあります。
  葉酸は、生のケール100gあたりに120μg含まれています。
  一日の推定平均必要量は、18歳以上の男女で 200μgとされており、
  ケール100gで一日に必要な量の半分以上を摂取できます。

 

(4)βカロテン---美肌効果
  βカロテンは、抗酸化作用があり、美肌効果粘膜を健康に保ち、白内障予防や、
  視力の維持に関与しています。
  βカロテンは、 ものを見るのに必要な目に存在する物質である
  ロドプシンの生成を促す、目の健康に重要な物質です。

 

  ケールは、強い抗酸化成分を持つβ(ベータ)カロテンルテインといった
  「カロテノイド」を含むのも特徴。
  βカロテンは、体内で必要量がビタミンA12に変換され、皮膚や粘膜を
  健康に保つ作用
風邪予防視覚の正常化などの役割を果たします。
  ルテインは、白内障など加齢による目の病気への効果が 
  期待されている成分です。

 

 

(4)ルテイン---目の保護
  有害な光から目を守る働きがあり、紫外線や、PCのブルーライトなどから
  目を守り、 目の健康の維持に役立ちます。
  又、ルテインは、白内障など加齢による目の病気への効果が 
  期待されている成分です。

 

(5)メラトニン---不眠症の予防効果
  メラトニンは、眠りを改善する働きのある物質です。
  不眠症の予防効果があります。
  さらに抗がん作用認知症アルツハイマー予防にも効果があると
  言われているので、ガンや認知症が心配なシニア世代にも向いています。  

 

(6)クロロフィル(葉緑素)---消臭・殺菌効果
  フィトケミカル(微量栄養素)の1つであるクロロフィル(葉緑素)
  多く含まれています。
  抗酸化作用、消臭・殺菌効果があり、体臭や口臭を抑える作用や、
  抗アレルギー作用なども期待されているといます。
  解毒作用や殺菌作用、抗炎症作用などがあるイソチオシアネート
  多く含んでいるとのこと。

 

 

 

関連ページ

ケールとは?
青汁の効果、野菜不足解消、美味しい、健康に良い|乳酸菌入り、送料無料