青汁の効果

(1)食物繊維が豊富なので、お通じの改善や生活習慣病の予防に効果が期待できます。
(2)カルシウム
カルシウムっを非常に多く含んでいるので、カルシウム不足を補う。
(3)βカロテン
抗酸化作用があり、美肌効果や粘膜を健康に保ち、白内障予防や、視力の維持に関与しています。
(4)ルテイン
有害な光から目を守る働きがあり、紫外線や、PCのブルーライトなどから目を守るはたらきがあります。
(5)メラトニン
不眠症の予防効果があります。

野菜不足に青汁は効果があるのでしょうか?

野菜不足に青汁は効果があるのでしょうか?

 

最近は、日本人の食生活やライフスタイルが変化し、肉を食べる量が増え、野菜を食べる量が減ってきています。
いわゆる食の欧米化が進んでいます。
特に若い人達は、好んでファーストフードやレトルト食品を食べるようになり、栄養が偏りがちになり、特に野菜不足が深刻化しています。

 

日本では、一日当たりの野菜摂取目標量を350グラムと設定していますが、
一日の平均摂取量は、約280グラム、20歳台の女性は220グラムしか摂取していないそうです。
青汁は、食事だけでは目標摂取量に届かない野菜不足を補えると、今注目されている健康食品です。

 

野菜には、緑黄色野菜と淡色野菜があり、それぞれ栄養価が違います。
青汁は緑黄色野菜を原料としているので、淡色野菜の栄養素をカバーする必要があります。
野菜不足を補うためには、バランスのよい野菜を中心に毎日の食事をきちんと取り、青汁は足りない栄養素を補うイメージで飲むようにするのが理想的です。